主治医の先生にかかると楽

病院を受診する時に、大阪の血液クレンジングの事なら全てお任せですといつも困るのはなんといっても症状を説明する時です。自分が今までかかってきた病気について説明をするのは、案外と疲れるのです。小さい時から、透析で人気の府下一病院へこれも関係するかもしれないと思って不要なことでも説明をするのです。

そんな時、小さい時からかかっている主治医の先生だとそんなことをしなくてもいいのでとても楽です。カルテの中に残っている部分を全て説明しなくてもわかってもらっているというのは本当にいいですね。県下で訪問の事ならいたみホームクリニックへそのため、説明なしで受診できる主治医の先生の病院にいくことが多くなりました。

また主治医の先生がいる病院は、自宅から近いところということもありますね。かかりつけの病院があることは、とてもこころ強いです。腎臓に対して、悪影響を及ぼす可能性がある食事にそのため、ついどんなことでも相談をすることがあります。

私の小さい時からの主治医の先生は内科なのですが、内科に関係ないことでも相談をすることがあります。これはやっぱり関係ないので、脳卒中発症後に後遺症を残さないために相談をしてはいけないと思うこともありますが、そんな時でも真剣にその話をきいてくれるのです。

しかも紹介状を書いてくれることも有り、それはとても助かります。そんな意味でも、心の支えとなってくれている先生であるといつも感じています。