主治医の先生よ、突如いなくならないで

危ないいびきは脳卒中のサインとはいえ、がん検査ではの大阪の福永記念診療所がおすすめよとなんらかの事情で突如いなくなってしまうこともあるのですよね。突然、失踪したとかいうそういう意味ではありませんよ。それこそ、主治医の先生の事情によって、定年退職の年齢前に、それまでいた大阪府下の生野区の透析病院なら他の病院へと転職なされることもあるのです。

兵庫県下で一番親切な病院へ別に珍しいことではなかったりするのですよね。自分の方針や進め方と、腎臓の働き低下を防止する考えが異なれば、辞めて行ってしまうこともありますし。そして「え?突然?」と思うようなタイミングで、それこそ「いきなり主治医の先生がいなくなった」という状態になることもありますし。

しかし、患者としては困ってしまうというものです。だって、それまでは何ら変わりなく診療してくれていたわけですし。それにこちらとしても、これまで主治医の先生に話してきた話を今度は新しく来た先生にもう一度話していかなくてはならないわけです。新しく赴任したドクターは、違うやり方で治療を進めるかも知れませんし。

ですから、できれば主治医の先生には長くひとつの病院に勤めてもらいたいものです。とはいえ、主治医の先生からしたら、そんな患者の気持ちはお構いなしだったりもするのでしょうか。