主治医の先生が覚えてくれていると嬉しい

病院に行くと、一番最新の透析の先生とたくさんの話をすることがあります。その時、脳卒中の発症後に利用できる社会福祉制度は、そのことについて覚えているということです。兵庫の県下伊丹で人気の病院なら主治医の先生とたくさん話すことができたと思うと、とても気分が楽になります。特に、自分の症状について話すことが出来ると、ホッとするのです。
そんな時、訪問診療府下一へ以前に受診したときのことを主治医の先生がしっかりと覚えてくれていることがあります。前回はとても辛かったねと言ってもらえた時、大阪城東区の皮膚科なら福永記念診療所とどんなに感激をした事でしょう。主治医の先生は、そんなに意識をして言った言葉ではないと思いますが、患者にとっては覚えていてくれたということは、何よりも嬉しいのです。
患者は、主治医の先生のことを先生と思うこともあり、また一人の人間として接したいと思うこともあります。その時、自分のことを覚えてくれていたということだけでも感動するのです。先生と話をしたことで理解して受け入れてくれたことで、半分治ったようなそんな気持ちになります。