非常に時間のかかる治療まで

病気をしたときに大型の病院しか開いていないので、そこにかかることにしました。
大型病院を利用していつも思うのが待ち時間の長さです。診察券を見せる受付をしてから実際に治療が開始されるまでに待たされた時間は30分以上。事前に予約をしてから行かなかった自分が良くないのですが、この待ち時間がいつも非常に無駄に感じます。ましてやインフルエンザの流行っている時期でもあったので、この時期に病院に長時間いるのは帰って体によくないのではないかとも思いました。
大きな病院になればなるほど待たされることが多く、それでいて診察の時間は非常に短いという傾向があるのでこの部分をなんとかして欲しいと思います。
訪問診療によってはインターネットを使って診察の状況や事前に予約を取ることができるようなシステムを採用しているところもあります。こうしたシステムをできるだけ多く取り入れてもらって、できるだけ訪問診療のいる時間を短くしてもらうことができるようにして欲しいです。
妊娠を希望しています。しかし年齢は四十歳前になり、もう何年も妊娠していません。
妊娠適齢期は35歳までと言われています。
過ぎていますし、妊娠は若い女性のするものなのでしょう、余り妊娠したいと言うのも言えなくなってきました。
そんな時に胃が痛くて、H2ブロッカーをもらいにクリニックを訪れました。
妊娠に差しさわりがない薬を処方してください、とドクターに相談しますと、妊娠が確定してから薬を替えれば良いというのです。
胃の痛みは普通です。ものすごく痛くて困っているということではないのです。
それでも、ガスターやタケプロンよりも強い薬を出そうとするドクターに、その薬は飲みたくないと言いますと、「大丈夫だ。悪ければ自然流産するから。」とドクターは言うのです。
科学的には悪くない意見です。
しかし、こちらの心情にはひどい意見だと思います。
第一、軽いH2ブロッカーが欲しい、と言っているだけなのですから。
しかもドクターは20日分の薬を出すというのですから安心して飲める薬が欲しい、がん検査なら大阪の福永記念診療所です。

アフィリエイト相互リンク|ショッピングカート|GetMoney|住宅リフォーム総合情報|貯蓄|お家の見直ししま専科|女性の人生|家計見直しクラブ|初値予想|健康マニアによる無病ライフ|心の童話|内職 アルバイト|お小遣いNET|女性向けエステ.com|生命保険の選び方|マッサージのリアル口コミ.com|JALカード|